トップ > 採用情報 > 先輩職員から

 

採用情報

先輩職員から

平成30年入庫 岡田慎平

 私は現在、営業推進係として取引先の法人、個人宅を訪問し、金融商品の提案や金融サービスを行っております。 
 営業推進係は、法人・個人問わずたくさんの人と接することができる仕事です。私は日々営業活動をする中で、お客様とよりよい信頼関係を築くことを心がけています。
 お客様の悩みや課題解決のため、一緒に向き合って考え「岡田君に相談してよかった。」と感謝されるときにやりがいを感じます。また、様々な業界の経営者の方と話す機会が多いため、金融面以外にも学ぶことが多いところが魅力です。
 さらに幅広い提案ができるよう、資格取得等により金融知識を身につけることはもちろんのこと、たくさんの経験をし、頼りにされる信金職員になりたいです。
 甲府信用金庫の先輩方は暖かく、成長できる素敵な環境です。みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。

平成30年入庫 森本祐菜

 「山梨を元気にしたい」私はその思いを軸に就職活動を行いました。数多くの企業がある中で、地域とまっすぐに向き合い、寄り添いながら、地域の人々や中小企業の日常のなかで大きな存在となっている「甲府しんきん」に魅力を感じ、志望しました。
 私は入庫してから、出納係、営業推進係、融資係を経験し、現在は預金窓口係として来店してくださったお客様の入出金や住所変更などの各種お手続き、お客様に見合った商品の提案などをしています。どの係も業務内容は全く異なっており、はじめはとても不安でしたが、どの業務においても、先輩・上司が1から丁寧に教えてくださり、私が理解するまでサポートしてくださいます。
 また、業務内容やお客様と関わる角度は異なりますが、どの係も共通して「地域の為、お客様のより良い生活のため」に仕事ができることを日々やりがいに感じています。
 失敗もたくさんしてきましたが、そんなときも先輩方から励ましの言葉をいただき、一緒に考えてくださるので、そこから学ぶことも多くありました。
 仕事をしていく中で、金融や経済のことはもちろん、地域の事や社会人としてのマナーも勉強でき、自分自身を大きく成長させることができる、素敵な環境であると感じています。
 私たちの大好きな山梨をより元気に出来るよう、皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

令和2年入庫 望月健太郎

 私は、生まれ育った山梨県に貢献したいと思い、地域に密着した甲府信用金庫に就職をしました。
 創業からの精神である「地元との共存共栄」のもとに、地域に密着し、常にお客様から必要とされ続ける存在を目指しています。
 研修についても充実しており、入庫前の12月から通信教育で信用金庫の歴史、信用金庫の役割、信用金庫の業務、営業店の業務などの概略を学び、入庫後は金庫職員として必要とされる基礎を学びます。特に挨拶やビジネスマナーは予想以上に奥が深いことを知ることができました。
 現在私は融資係で、融資の知識習得や実務を中心に勉強中ですが、今後行いたい顧客先への訪問に備えて、日々営業推進活動についても学んでいます。また、先輩方に分からないことはすぐに質問し、相談しやすい環境が整っており、とても恵まれています。
 このように恵まれた環境で、一日も早く一人前の職員として、お客様に信頼され満足して頂くことを目標としています。
 甲府信用金庫で地域の活性化を目指して、山梨県全体を盛り上げていきましょう。
 皆様と一緒に仕事ができる日を楽しみにしております。

令和2年入庫 名取真希

「生まれ育った山梨で、人生において重要なお金を通して人の役に立つ仕事がしたい。」と考え、金融機関を中心に就職活動をしました。その中で、お客様への向き合い方や採用担当者の方の熱意に惹かれ甲府信用金庫に入庫しました。
 現在、私は「出納係」という支店内のお金を管理する係を担っています。お金を取り扱う金融機関だからこそ、それを管理する大事な係であり、責任感と緊張感をもって日々仕事をしています。
 お客様の役に立つにはまだまだで、未熟さを痛感する毎日ですが、それでも小さな成長に気付いてサポート・フォローしてくれる上司や先輩方ばかりなので、向上心を持って仕事が出来ています。
 甲府しんきんで地域のために、みなさまと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

▲ページのトップへ